teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


第5回「食・農・環境」教育フォーラム開催

 投稿者:村研OG  投稿日:2010年11月12日(金)23時12分39秒
返信・引用
     参加費は無料、事前登録は不要です。

□主催:東京農業大学食料環境経済学科「食・農・環境」教育研究プロジェクト
□後援:世田谷区/協賛:東京農業大学教育後援会
□日時:平成22年12月1日(水)13:00~16:00
□場所:東京農業大学世田谷キャンパス 百周年記念講堂
□テーマ:「都市農業の役割と教育的効果を考える ~身近で学ぶ食・農・環境~」
□フォーラムのねらい:
  今日の都市農業の実態や抱える課題を踏まえて、都市農業の果たす役割を考えるとともに、その食・農・環境に関わる教育的な効果について理解を深めることをねらいとする。

□シンポジウム:【司会:菅沼圭輔・岩本博幸(東京農業大学)】
パネリスト報告/13:00~15:10
○第1報告 農林中金総合研究所特別理事 蔦谷栄一
 「都市農業の可能性を考える」
○第2報告 東京都国分寺市野菜生産者 小坂良夫
 「小坂農園の安心安全な野菜づくり」
○第3報告 東京都世田谷区野菜・花き生産者 吉岡誠市
 「地域住民とのふれあい農園づくり」
総合討論 /15:15~16:00
 コメンテーター 大野照夫、齋藤幸夫

□参加:参加費無料/参加申込不要
□問い合わせ先:
東京農業大学国際食料情報学部食料環境経済学科内
食・農・環境教育プロジェクト担当 北田紀久雄
〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
TEL 03-5477-2359  FAX 03-5477-2621
E-mail kitada@nodai.ac.jp

ご都合が宜しければ参加していただきたいと思います。
 
 

第4回 「食・農・環境」教育フォーラム開催

 投稿者:村研OG  投稿日:2009年12月 2日(水)09時15分30秒
返信・引用
    参加費は無料、事前登録は不要です。
村研OBの西尾さんの発表もあります。

□テーマ:「中山間地域の活性化に向けた取り組みと食・農・環境教育の役割」
□日時:平成21年12月2日(水)13:00~17:20
□場所:東京農業大学世田谷キャンパス 百周年記念講堂
□内容:次の4名の活動報告と、総合討論
○第1報告 長野県飯田市産業経済部農業課 清水美沙子
○第2報告 山形県金山町杉沢 暮らし考房主宰 栗田和則
○第3報告 静岡県総合教育センター「高校教育による山村活性化の担い手づくり」 西尾眞一
○第4報告 東京農業大学国際食料情報学部 立岩壽一
□主 催:東京農業大学食料環境経済学科「食・農・環境」教育研究プロジェクト
□問い合わせ先:
 東京農業大学国際食料情報学部食料環境経済学科
 食・農・環境教育プロジェクト担当 北田紀久雄
 TEL 03-5477-2359 FAX 03-5477-2621
 E-mail kitada@nodai.ac.jp.

熊井先生がご生前携わっていた企画です。ご都合が宜しければ参加していただきたいと思います。
 

「食・農・環境」教育フォーラム開催のお知らせ

 投稿者:農村社会学研究室  投稿日:2009年 2月 6日(金)16時37分45秒
返信・引用
   今年も「食・農・環境」教育フォーラムが開催されます。このフォーラムは、熊井先生がご生前携わっていた企画ですので、ご都合が宜しければ参加していただきたいと思います。
なお、参加には申し込みが必要ですので下記にご連絡をお願いします。

テーマ:「次世代につなげたい食・農・環境」
日時:平成21年2月21日(土)
場所:東京農業大学・世田谷キャンパス メディアホール(1号館4F)

・学科創設70周年記念「小論文・写真」表彰式(10:30~11:30)
・ポスター展示および資料交換(11:30~13:30)
・シンポジウム【パネリスト3名の報告と総合討論】(13:30~17:00)
・懇親会(17:30~)

参加費:ポスター展示・資料交換/無料
    シンポジウム/資料代1,000円
    懇親会/2,000円
申込締切 平成21年2月12日(木)
参加申込 東京農業大学・国際食料情報学部・食料環境経済学科・北田 紀久雄
     TEL03-5477-2359(研究室直通)E-mail:kitada@nodai.ac.jp
 

講演会のお知らせ

 投稿者:農村社会学研究室  投稿日:2008年12月 4日(木)16時05分15秒
返信・引用
   熊井先生が企画していた講演会が開かれます。講師は大竹 道茂氏(江戸東京・伝統野菜研究会代表)です。
先生が企画していた講演会なので、時間が許されれば聴講していただけたら幸いです。

日時:平成20年12月5日(金) 15時~16時30分
場所:食と農の博物館(入場無料)

掲載が遅くなり、申し訳ありませんでした。
 

青少年の性犯罪

 投稿者:性犯罪防止会  投稿日:2008年11月23日(日)18時59分39秒
返信・引用
  少年性犯罪の軽い刑= 横山祐史、湊伸治 の場合

足立区東綾瀬中学を卒業した2人の少年 横山祐史(宮野裕史)と湊伸治は、
夜8時過ぎ、自転車に乗った女子高生を誘拐、監禁し、暴行して殺害した。
彼女は町工場でのアルバイトから帰宅中に全く偶然に誘拐された。
湊伸治は、仲間を呼び彼女を暴行させて金銭を貰っていた。
彼女に吸えないタバコを無理に2本まとめて吸わせるイジメや、暴行しても
「彼女が反応しない」と言ってシンナーを吸わせて暴行したこともあった。
踊りながら服を脱ぐよう命令し、反抗すると容赦なく殴りつけた。
陰毛を剃ったり、性器に異物を挿入したりはほぼ毎回のことであった。
遺体の手足にライターで焼かれた火傷があり、乳首は溶け落ち、
40日間の監禁中ほとんど食事がないため痩せこけ、性器と肛門には
ドリンク瓶が押し込まれていた。
湊の両親(靖人、ます子)や兄(湊恒治)は、自宅から逃げ出させないよう
監視していた。  //女子高生コンクリート詰め殺人事件:

横山 祐史(宮野裕史):S45年4月30日生 身長160cm
      H19年9月頃から 埼玉県川口市蓮沼298
      仮出所中の保護観察(東大阪)は1カ月に優遇短縮された。

湊 伸治:S47年12月16日生    服役期間=6年
     平成18年秋、リュヒテンシュタイン女性と結婚。
    * 監視役の兄=湊 恒治(S47年1月21日生)
    * 両親=湊 靖人、ます子:京都市伏見区向島住宅から転出

神作 譲(旧姓は小倉):S46年5月11日生  服役期間=7年
         再び監禁事件を起こして逮捕されたとき
        「裁判官を誤魔化す方法はよく知っている」と発言。

渡邊 恭史:S46年12月18日生  服役期間=3年半
       目の病気、生活保護、姉夫婦と同居? 母親=渡邊ヤス

相田 孝一(旧姓は垣東):S46年生 H20年4月から長女は中3
     H18年4月、妻と偽装離婚し再婚、妻の旧姓に改姓

岩井 哲夫:酒場でこの事件をおもしろく語る S47年生
 

熊井治男先生の葬儀日程

 投稿者:山口博子  投稿日:2008年11月21日(金)16時04分34秒
返信・引用
   熊井治男先生が、11月20日に急逝致しましたので、取り急ぎお知らせ致します。
お通夜及び告別式は下記の通り執り行います。

■通 夜:平成20年11月23日(日)  午後6 時~
■告別式:平成20年11月24日(月・祝)午前10時~11時
■場 所:カトリック菊名教会
横浜市港北区篠原北2-15-17 tel:045-421-0433
■交 通
JR横浜線・東急東横線 菊名駅西口下車(徒歩7分)
JR新横浜駅下車(徒歩15分)
■喪主 熊井とも子
晴彦・友里恵・里沙

農村社会学研究室OG(平成10年3月卒業)
山口博子
 

写真展

 投稿者:熊井メール  投稿日:2008年11月 7日(金)14時12分3秒
返信・引用
  学科創設70周年記念に公募した写真を展示する「写真展」が、きたる12月2日(火)~25日(木)に「食と農の博物館」(馬事公苑前)で開催されます。収穫祭でも好評でした。5日(金)15時~16時30分には、大竹道茂氏(江戸東京・伝統野菜研究会)による記念講演もあります。ご都合がつくようでしたら、ぜひお出かけ下さい。  

中国農業大学都内農業視察

 投稿者:熊井メール  投稿日:2008年 8月26日(火)12時52分11秒
返信・引用
  昨日、姉妹校中国農業大学短期農業留学生を引率し、三鷹市及び世田谷区の農家・直売所を視察しました。彼らを案内するのは、これで3年連続です。三鷹では、JA東京むさしの緑化センター(直売所/野菜、花卉、植木、資材)、根岸さん(ブロッコリーなど)、星野さん(ナス農家)、深大寺(昼食)、世田谷では飯田さん(ブドウ農家)を訪問・視察しました。中国農大の学生も熱心に質問していました。あいにく雨でしたが、無事予定通りの時間に大学に戻ることが出来ました。都市農業の一端を垣間見ることが出来ました。参加者は、中国農大15名、研究室員5名、大学院生(通訳)2名、学部生1名、井上さん、それから引率は五條先生と熊井でした。皆さん、ご協力有り難うございました。日本農業新聞にこの視察のことが記事として掲載されるようです。お楽しみに。  

小論文&写真募集

 投稿者:熊井メール  投稿日:2008年 7月28日(月)09時35分7秒
返信・引用
  皆様のお手元に、小論文&写真募集のチラシをお届けしました。食料環境経済学科創設70周年記念の企画です。高校生と大学生を主に対象とはしていますが、「写真部門」は一般の方でも応募できます。応募頂いた方々には記念品を差し上げます。お知り合いの方々にも広くPRして頂ければと存じます。締切は9月30日(火)です。よろしくお願い致します。  

カレッジ講座無事終了

 投稿者:熊井メール  投稿日:2008年 6月22日(日)14時37分27秒
返信・引用
  さる6月20日(金)にカレッジ講座「都市農業の期待と可能性」が終了しました。30名を超える受講生をむかえ、室員たちも講義に出席するだけなく、農園視察にも参加してくれ、録音なども手伝ってくれました。今回の講座は、座学による4人の方々の講義のほかに、白石農園と大塚農園の現地視察がありました。ふだん行く機会も限られている都内23区内の農園ですが、行く度に伺うお話にもいくつもの新たな発見や驚きもあり、農業としての原点を見る思いでした。参加した方々にも良い機会になったと思います。次なる講座についてご意見、ご希望があればぜひお寄せ下さい。
そして来月にはお手元に食料環境経済学科創設70周年記念の新企画(小論文・写真募集)のお知らせが届くかと思います。そちらもよろしくお願い致します。
フォーラムも来年2月21日(土)開催の予定です。
 

レンタル掲示板
/6