teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:7/638 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

シフトレバーリターンスプリング

 投稿者:kurimic  投稿日:2013年 3月 3日(日)18時19分28秒
  通報
  毎度のkurimicです。
HS-1のミニ改造も佳境に入り、最後に残ったシフトレバーのリターンスプリング対策を実施しました。 当初は弱いスプリングで上方向に引張ってやろうかな、とも思いましたが、如何せん「ダッセー」(死語)ので、リンクを組んでストロークを稼いで、足に感ずるリターンスプリングの反発力を和らげてやることにしました。
私はHS-1以外に、ドリーム50のボアアップ車と、トーハツランペットDA2を持っていますが、ドリーム50のシフトフィーリングは実に柔らかく、且つ確実で最高に気に入っています。もちろん、ニュートラルもカチッと入ります。
このドリ-ム50のスプリング強度がシフトレバー先端で約2Kgでした。これに対してHS-1はレバー先端で3.2Kgありました。(やっぱし硬い!足が疲れる訳ですね。ついでにランペットは1Kg
でした。)
そこで改造目標をシフトレバー先端で約2Kgに設定し、シフトレバー長やリンクの寸法を、あれやこれやと目見当で、現物合わせで作ってみました。その結果、レバー先端で2.3Kgまで軽くなり、シフトストロークが少し長くなったことも働いて、ニュートラルが探しやすくなりました。
まだ未塗装で、鋼材の黒皮のままですが、やっぱり、リンクはカッコええナァという雰囲気です。
テストランをしてみましたが、今までの改造や調整で、エンジン、ブレーキ、クラッチ、チェンジと、ほぼ思い通りに仕上がりましたので、90CCという排気量を忘れさせてくれる安心感と満足感があります。やはりHS-1は素性のよいマシンだと言うことを再認識させてくれました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/638 《前のページ | 次のページ》
/638